--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ノブナガン』アニメ化ですってよ!(前編)

2013年12月27日 18:16

みなさん今年ももうわずかですね。
そして
いきなりブログ再開しやがって、さっき気づいたわ!もう年明けてるわ!というみなさん
明けましておめでとうございます。
ことし2013年はわたくしのデビュー10周年の年だったわけですが、コミックを6冊出したり、絶版だった『グレイトフルデッド』『ジャバウォッキー』復刊が決まったり(2014年1月です)と、まあなかなかそれっぽい年になりました。
そして
この話題にふれないわけにはいかないと思いモニターに向かっている次第なわけです。はい。『ノブナガン』のアニメ化です。

思えば僕にも自信に満ち溢れていた時代もあったわけです。自分の作品がアニメ化するのなんて当たり前だろくらいに考えていた時代が。具体的に言うとデビュー前ですね。(今考えると実に恐ろしい…)
それが段々現実を知るわけです。「あ、俺、そうでもねぇ」と。具体的に言うとグレイトフルデッドの2巻の刷り数が1巻の半分になったと知らされた時とかですかね。(すげー出だしからだな)
それで10年なんとかやってきて、二誌連載するようにもなって多少は知名度とやらも上がって来た気がしても、アニメ化なんて話の前には順番待ちの作品たちが列をなしていることに気づくわけです。自分より先に、自分より面白い漫画を描いている人たちは山ほどいる上に、この列は別に早い者順というわけではなく、後から面白い作品を描く人が現れれば全部飛び越えて最前列に立てるのです。僕自身アニメ化してほしいなあと思う作品が山ほどあるわけで。
『町で噂の天狗の子』とか『まりかセヴン』とか『フランケンふらん』とか『性食鬼』とか。
自分の番が回ってくるなんて事はまあないだろうと、別に悲観するわけでもなくフラットな気持ちでそう思うようになっていました。
それに最近の漫画の(特にアクション漫画の)アニメ化には思うところもありまして。
はっきりいってクオリティーが高すぎるわけですよ。
僕が子供の頃の漫画のアニメ化作品は、まあ言ってみれば原作ファンのコレクターズアイテムの域を出ない物も多かったです。あくまで原作が好きな人向けの、原作を補完するような、とはいえ絵が動いた方がうれしいよねくらいの、グッズとかおもちゃが出て楽しーといった感じの物がほとんどだったように思うんです。
それが最近のアニメ(それも毎週TVで放送するアニメが)は本当に出来がいいですよね。絵だって上手だし、動き方もとりあえず動いてますというのではなく、動画として妥協なくアクションしています。
あんな完璧に動いて音も音楽もついてそれで毎週観れるとなったらもう漫画に勝ち目ないじゃないですか。
乱暴な言い方になってしましますが、もう漫画を描くという作業はアニメ化してもらうためのオーディションにすぎないのではないか、とさえ思えてしまっていて、ちょっと落ち込んだりもしたけど私は元気です。(なにこの文章)
まあそんな柄にもなくまじめ気味なことを考えているところに舞い込んできたのが『ノブナガン』のアニメ化の話です。
で、その時どう思ったかですか?
ひゃっほぉぉぉう!!最高だぜぇぇぇ!!
です。
列に並んでる人たち、ご苦労さんでっす。さき行かしてもらいまっす。てなもんですよ人間なんてね!

さてアニメ化するとなって「アニメはアニメですから。どうぞ自由にやって下さい」とか言って大きく構えられればかっこいいんですけどね
あいにくそんな風には出来てないわけですよ、僕のメンタルは。
参加できる限りの打ち合わせに参加して
デザイン、プロット、シナリオ、コンテと出来るたんびにチェックさせて頂き、そして口を出させて頂きました。
まあ多分、ウザイ部類の原作者だったのではないかな…。
原作からアレンジする部分やアニメお楽しみの幾つかあるオリジナルエピソードにもアイディアを出させて頂きましたし
中の一つはプロットも書かせて頂きましたので(アニメオリキャラのサンジェルマン、すごいいい設定が出来ました。原作で使いたいくらいだ!なんで出てねーんだよ!)
「こんなの『ノブナガン』じゃない」と思われたとしてもその責任は僕にも多分にありますし
おそらくそうはならないだろうと思います。
スタッフの皆さんの原作の理解度もハンパないですしね。
そしてアフレコ現場にも可能な限り通っています。ま、これはただのミーハーな見学に近いですけどね。
マイクに向かう主人公小椋しお役の武藤志織さん(現役女子高生!)のヒザ裏を合法的にガン見しています。原作者特権です。
まあそういうキモイのはともかく、普段一人っきりで部屋にこもって作ってた物語が大勢のスタッフやキャストの全力でよってたかってより大きな物に作り上げている姿を見ると
感動してしまうわけですよ、こんな人間でも。
「幸せ者だな、『ノブナガン』って漫画は」と。
変な言い方かもしれませんが「報われた」とも思ってしまうのです。

そんなこんなで完成した第一話、第二話を先日行われた先行上映イベントで見てきたわけですが…
長いので「後編に続く」です。
たぶん明日更新します
たぶん…
スポンサーサイト


コメント

  1. マリーアントワネ | URL | -

    アニメ化おめでとうございます!

    先生のブログを読んでちょっとうるっときました。
    いつも先生のお話を楽しく読ませてもらっていて
    毎年の今頃、年明けには今年こそ久先生の漫画がアニメ化しますようにと祈っていました笑
    願いがかなったのかアニメ化の記事を見た時は本当に嬉しかったです!
    この調子でノブナガンのアニメが大成功してエリア51もアニメ化してほしいです!

  2. ちひろ | URL | -

    こっちだって最高の気分だぜ!
    神様はちゃんと見てるんだよ!
    神様って言っても孫悟空的なあの人だけどな!

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oviraptor.blog103.fc2.com/tb.php/51-dd23be67
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。